読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死んでも死にきれない

最近、過去のことを悔やむことさえ出来ない状態が続いている。
過去を振り返ってみても、「だったらどうしろというんだ」ということばかりで、
糸色先生も真っ青なぐらい袋小路状態。
左手法で迷路を歩いたあげく一周してしまったとかそういう状態。
神様に文句を言いたいが、いるかどうかも分からないんじゃ文句の言い様もない。
宇宙人になってみたところで状況は変わらないような気がするし、
迷路の探索開始地点の設定がそもそもおかしかったのだろう。
神様助けに来て。苦しくてもういやだ、とか昔の歌の歌詞を呟いて見る。