読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ倫

邦題は「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」だが、
あまりの長さにもっぱら「プロ倫」と呼ばれている、画期的な社会学の古典。
どうも、僕の賛同する主張に非常に近い(というか原点)らしいが、まだ読んでいない。
これが、いまだに斬新であるというあたりに、社会学という学問の(浸透への道のりの)険しさを感じる。
今度読みたいが時間が無さそうだ。